ネットナンパに最適なサイト選び

これSNSの普及によって、ネットナンパ自体が珍しいモノではなくなってきました。ただ、どこを狩場にするかで、出会える確率は大きく変わって来ます。多くの人達が考えるネットナンパの狩場は主に下記の3つに分けられます。

 一般SNS

mixi、mobage、greeのような一般SNS。異性との出会い目的でこれらのサービスを利用しても、出会いは極めて望み薄と言っていいでしょう。

というのも、そもそもこれらの一般SNSは本来異性との出会い目的の利用は禁止です。まだ、サービスが開始して間もない頃には出会えたのですが、現在は運営サービスによる取り締まりが強化されて、出会い活動をしているユーザーは即ID削除になります。

それでも本当に出会える人もいるようですが、確率が極めて低い点、また、18歳未満の児童が多数参加している点(実際に淫行条例等による逮捕者も出ています)を考慮して、ネットナンパにはおすすめできません。

 出会いアプリをうたったアプリ

スマホの普及とともに、最近特に増えているのがこれ。ただ、気を付けなければいけないのは、実は異性間の出会い目的利用禁止のアプリが多いことです。利用規約ではそううたっておきながら、出会い活動を黙認している法的にグレーなアプリですね。

何が問題かと言えば、やはり正式な年齢認証がないので、児童が参加できてしまう点、また、専門のサポートが一切ない点など。つまり、利用規約通りにただチャットで楽しむ分には問題ないのですが、実際に出会い目的に利用するとなると、いらぬトラブルに巻き込まれるリスクが高いということですね。

やはり、これもネットナンパの狩場には向いていません。

 インターネット異性紹介事業

まるネットナンパに向いているのは、このインターネット異性紹介事業「出会い系サイト」や「婚活サイト」です。異性間の出会いマッチングサービスを行うことを、法律に基づいてきちんと行政に届出をしているサイトですね。

これらは運転免許証などによる年齢認証を行っているので、基本的には児童は参加できない仕組みになっています。また、特に優良出会い系サイトには専門のサポートセンターがあり、24時間体制で監視を続けています。

ネットナンパが成功するか否かはサイト選びの段階からもう始まっています。無料のサービスで簡単に出会えるかのように吹聴している情報も多く見かけますが、実際にはそんな甘い話はありません。

本当に出会えるのは適正な料金で運営されているインターネット異性紹介事業だけなんです。それも、しっかりとした知識や戦略を持って利用してこそ会える、これがネットナンパの真実ですよ。